出産は女性とその家族にとって人生の一大イベントです。それを一番近くで支えることができるのが、助産師です。妊婦さんが大切に育ててきた生命の誕生を見守り、何時間も痛みに耐える妊婦さんを助けて、赤ちゃんを取り上げる瞬間は、その全てが感動的な体験です。陣痛が始まってから出産というゴールまで、二人三脚で一緒に頑張った産婦さんが無事出産を終え、赤ちゃんを抱いたときの母親の笑顔を見られることは、助産師として働くモチベーションとなるでしょう。

そんな助産師は、正常分娩であれば医師の支持がなくても、赤ちゃんを取り上げることができます。そのため、生命の誕生に深く携わることができる職業です。自分が中心になって出産の一部始終を取り仕切ることができれば、看護師とは違った特別な達成感を得ることができます。

また、母親になった女性は出産を終えた後、これまでと生活が大きく変化します。子育てが生活の一部になり、疲れと悩みを一人で抱え込んでしまうことから、産後うつに陥る人もいるくらいです。助産師は、そのような女性のケアにも携わることができます。誰にも理解してもらえないと思っていた悩みに丁寧に対応することができれば、医療従事者としてだけでなく、同じ女性としての喜びも感じられるのではないでしょうか。

出産から産後まで、一人の女性の人生に関わり、一緒に辛さを乗り越えたり、喜びを分かち合えることは、助産師という職種ならではの特権と言えるのではないでしょうか。医療職として女性に寄り添う仕事に興味がある方は、ネット上にもたくさんの情報サイトがあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょう。