産婦人科で働く看護師の実態

産婦人科に勤務をする看護師は、出産を控えた女性の健康状態のチェックや検査のサポートなどを担当します。そのため、業務を通して様々な場面で看護師に必要なスキルを身につけることができます。

また、産婦人科医や助産師など、様々な分野のスタッフと協力をして業務に取り組む機会が多いので、新人もベテランも、チーム医療の大切さを実感しながら働くことができるでしょう。一般的に産婦人科は、ハードワークや不規則な勤務などの理由で慢性的に医療スタッフが不足している現場が少な居と言われていますが、その一方で、生命の誕生の瞬間に立ち会えることから、やりがいを重視する看護師の間では魅力的な職場として捉えられているようです。

そんな産婦人科の看護師に求められる知識や経験は、各医療機関の運営方針やスタッフの配置などによって異なります。しかし、多くの場合は、基本的な看護技術を持ち、コミュニケーションスキルに長けた人が好まれる傾向にあります。また、総合病院など規模が大きな医療機関の産婦人科では、人材育成の一環として認定看護師などの資格取得を目指すスタッフに対して専門的な研修を実施したり、経済的な面でサポートをしたりするところもあると言います。

なお、産婦人科では、常勤以外にもパートや夜勤専従などの看護師を採用しているところも増えており、育児のために現場を離れていた人や、定年退職をした人なども活躍するチャンスがあるそうです。