子どもと関われる仕事はたくさんある!

子ども好きな看護師におすすめの職場はいくつかありますが、それぞれの職場で求められる看護スキルをにはバラつきがあるので、自分に合った勤務先を選ぶことが大事です。例えば、病床のある小児科や産婦人科のクリニックでは、夜勤があるので不規則勤務をすることになります。そのため、体力や自己管理能力がないと長続きしません。

しかし、仕事を通じて病気を抱える子どものサポートをしたり、母親の健康相談に応じたりすることで、内科や外科などの医療機関に移ったときでもコミュニケーション能力を発揮することができるでしょう。また、小児科であれば観察力が身につきますし、産婦人科であれば女性特有の疾患に関する知識も学ぶことができ、看護師としてのキャリアアップに役立つはずです。

さらに看護師は、保育所や乳児院、児童養護施設などの福祉施設においても活躍の場が得られます。医療機関での勤務経験は、このような施設では重宝され、医師が配置されていない福祉施設では、看護師の需要は高くなっています。

こうした福祉施設は、クリニックや大規模な医療機関と比べると、一人ひとりの子どもの成長を直接見守ることができるため、やりがいを感じやすいと言われています。また、子どもとの信頼関係も築きやすいので、手厚いケアがしやすいのも特徴です。看護の仕事というと、どうしても医療機関の求人にばかり目が行ってしまいますが、少し視野を広げると活躍の場はかなりあることが分かるのではないでしょうか。