産後ケアサービスという仕事

助産師の資格を活かしてできる仕事には、産後ケアサービスもあります。産後ケアサービスの主な仕事内容は、産褥期のお母さんや赤ちゃんの心身をサポートをすることです。

具体的には、出産したばかりのお母さんに代わって、赤ちゃんの沐浴を行ったり、適切なケアを行ったりします。また、お母さんに対しては、産後の悩みや育児の相談に対応したり、母乳指導などを行うことも少なくありません。産後ケアサービスには、訪問型や施設でケアを行う宿泊型がありますが、宿泊型の産後ケアサービスは、病院と違ってアットホームな雰囲気の中で、細やかなケアを行うことができます。

このような産後ケアサービスの仕事で得られるメリットは、非常勤求人が多いので、ライフスタイルに合わせた働き方でできる点でしょう。また、分娩介助の仕事がないので、精神的負担も少なく、ケアやアドバイス業務に専念することができます。ただし、産後ケアサービスの仕事は、求人が少ないというデメリットがあります。他にも、就労形態が非常勤である場合が多いため、収入が低い点もデメリットの一つとなっています。しかし、子育てをしながら仕事を両立したいと考えている方には最適かもしれません。

現在は求人はそう多くはありませんは、少子化に伴い、国が支援を行っている産後ケア事業は今後ますます活性化する可能性があります。また、産後ケアサービス以外にも、助産師の資格があれば、子育てに関する悩みを電話で受け付けるコールセンターでの仕事や産業看護師などもあるので、キャリア志向の看護師はぜひ注目してみてはいかがでしょう。